矯正歯科の料金、期間、治療費、医院などを子供や大人にわかりやすく解説!

早食いとむし歯について


矯正歯科基礎知識
  1. 子供 小児の矯正歯科
  2. 成人 大人の矯正歯科
  3. メリット
  4. 治療期間
  5. 治療費
  6. 装置の種類
  7. きっかけ
  8. 支払方法と医療費控除
  9. 矯正歯科の医療費控除
  10. 専門医の探し方
  11. 治療中のクリーニング
  12. 矯正関連おすすめ本
矯正治療中大変なこと
  1. 噛み合わせの変化
  2. ゴム
  3. ブラケット、ワイヤーの外れ
  4. 食べられないもの
  5. 口内炎
  6. 笑うとき恥ずかしい
  7. 歯の痛み
  8. 毎日のブラッシング
  9. 歯が元に戻る??
矯正治療と生活の変化
  1. タバコを吸わなくなった
  2. やせた!?
  3. かつぜつ良好
矯正歯科関連ニュース
  1. おしゃぶりの使いすぎに注意
  2. 美しい歯並びを求められる職業
  3. 小顔と歯列不正






食べ物は噛めば噛むほど、口の中に唾液が出てきます。
唾液は歯の最石灰化を助け、同時に消化吸収をうながします。
早食いの人は、口に食べ物を入れたと思ったら数回噛んで飲み込んでしまう。
知り合いに、「ご飯は喉ごしで味わう」なんて言いながら食べている人がいますが
同じ量の食事も5分くらいで食べ終わってしまいます。
食べ始めてから15〜20分たたないと血糖値がピークに達しないため、
満腹感が得られないまま食べ終わるわけです。
なんとなく満足感が得られないので、食後にパンを食べたりしています。
体もどこか肥満気味です。

唾液には以下のような効果があります。

・食べカスを洗い流す洗浄効果
・口内のPH(ペーハー)を一定に保ち、細菌の繁殖を抑えるPH緩衝作用
・歯の表面に皮膜を作り、むし歯を防ぐ保護作用
・抗菌作用

早食いの人は、このような効果が得られないまま食事を終えてしまいます。
食後に歯を磨けばいいのですが、磨かなければ細菌もどんどん繁殖し
むし歯や口臭の原因になるわけです。
早食いは、何ひとつ良いことがありません。
健康を維持するには、食べ物をよく噛み、食材の味をよく味わうことが大切です。

・脳の血行が良くなる
・成人病の予防
・顔の筋肉がしまり、美しい表情になる
・肩こり、腰痛予防
・肥満防止
・ボケ防止

「咀嚼システム」については、様々な研究が行われています。
幼児、子供を対象に行われる運動能力、学習能力に関する調査では、
よく噛む子はよく噛まない子に比べて、能力が高い傾向にあります。
食べ物が口に入り、咀嚼して体内に取り込まれるプロセスは複雑多岐にわたります。
当たり前のように続けてきた噛むという動作は、体全体の機能に
重要な役割を果たしているんですね。
流動食ばかり食べていたら、元気も出ないし、十分な筋力もつきません。
噛むという動作は、健康を維持するためには欠かせません。
早食いがちなあなた。今日から意識して噛む習慣をつけてくださいね!


むし歯の基礎知識
日本人とむし歯 かむ回数と唾液 口呼吸とむし歯 早食いとむし歯 むし歯の4つの原因 むし歯になりやすい人? 歯垢はなぜたまる? ドライマウスとは? 適切な歯磨き 食後に緑茶 むし歯の予防 キシリトール予防 清涼飲料水と砂糖 むし歯と遺伝 おっぱいむし歯

歯科基礎知識
歯周病とは 歯周病の予防法とは 歯周病の治療法とは 噛み合わせと健康 歯周病とストレス 噛んでボケ防止 噛んでダイエット 口と体の病気 インフォームドコンセントとは 心療歯科医とは 良い歯医者とは

オススメ!オーラルケアグッズ
歯磨き粉1 歯磨き粉2 歯ブラシ 電動歯ブラシ

口臭について
口臭の原因、予防法とは 自臭症とは 他臭症とは

歯のトリビア〜
動物は虫歯にならない!?


<全国矯正歯科 専門医院検索>
l 北海道札幌市 l l 東京都 l 埼玉県 l 神奈川県横浜市 l 千葉県 l l 愛知県名古屋市 l 大阪府枚方市 l l 京都府 l l 愛媛県 l l 福岡県 l







Copyright(c) 2011 はじめての矯正歯科 all rights reserved.